スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年1年のまとめ

はい、ということで、まとめてみましょう。



・1月

昨年度のGPファイナルが明けた後のもやもやーとした時期。
とりあえず流行に乗り気味で花日の意趣返し入りとか使ってましたわね。

・2月

花日意趣がドロソ不足なのかなんかしっくり来なかったので、宙も混ぜて宙花日とかも使ってみてた時期。
GP予選の権利は宙花日で取りましたね。

・3月

中島の存在を聞きつけ、なんか混色は避けた方が安全そうだと思い、花単ウィニーを作成。
そのままGP東京に突撃し、惜しくも4-2で入賞ならず。

・4月

GPで見たユニとかいう宿敵の存在に頭を抱え、アグレでないDP1がたくさんいる花ウィニーに抵抗を覚え、アグレとあーちゃん入り花単の構想から、花日リーティアを作成。

・5月

花日リーティアを使いえんぴつ杯チーム戦優勝!
ミサキーゲムセを倒せたのは大きなアドだった。

そして、エラッタとぺんしる2により、環境は大きく変化することに。

・6月

ロロットが強く再び花ウィニーに戻っていた時期。
あやめの懸念もあったし。
久々の東京フェスタも花単で5-1で入賞!

・7月

まさかの2か月連続フェスタ。
このフェスタは4-2で残念。
そしてネコフープデッキが流行。

ちゃんとした対策も練りきれないままGP大阪も花単で突撃した結果、1-2ドロップをやらかすorz
床掃除とか投入したりしてて迷走気味だった。

・8月

ネクストン限定付随のバトラがあったので、せっかくなのでバトラ特化デッキを組もう、ということで、日雪シャムドラアグレを組んでバトラに突撃したら、花組の最多勝獲得!
シャムトラは即死んだがな(

そして所用のお陰で関西リセオフ大会に出る事ができたので、床掃除花単に突撃するも、3-2で終了。

・9月

ネコフープというデッキに対して花単でメタ追いかけまわすのがいい加減しんどくなってきたので、お日様の力を再び借りる案が出てきて、後、エポナの頭を遭遇で蓋する案が熱そうだったので、花日エポナのひな型が作成される。
付加効果で宿敵ユニへの恐怖心も克服される(
秋葉原のバトラに持ち込んだところ、12連勝、19勝1敗とかでかなりこれは行けそうだと確信。

そしてTMが出て、青子環境と都古の登場により、エポナにとってはかなりの追い風。

・10月

花日エポナをずっと使っていて、意外と青子とかに押し切られたり、なんかスペック不足を感じたりして、どうももう一つパワーが欲しい、と思ってフェスタ1週間前ぐらいに試しにユメドリを突っ込んだところ、凄くマッチング。
そのままフェスタに突撃したところ、慎二にぼっこにされるも何とか入賞!

・11月

花日エポナは強いんだけど、慎二とかいうデッキがだいぶきつくて、エラッタ無いなら11月フェスタは花単安定かな、とか思っていたんですが、無事エラッタかかったので、すぐに花日エポナに戻る(
でもって、自覚でワンキルを避けてまた入賞(((

で、フェスタ1週間後にGP名古屋ですが、エラッタ無事かかったので、こちらももちろん花日エポナで突撃。
そしてついに初優勝!!!
ほんと嬉しかったです。

・12月

そして迎えたGPファイナル。
ここで勢いダウンしてしまい、2-3の残念賞でした。

第二回えんぴつ杯に関しては省略。



といった感じの1年でしたー。

今年の下期の花日エポナは自分のリセ史上最も調子が良かった時期でしたわねー。

もうここまでのフィーバー来ないかもしれない(

いやいや、そこはまた来年も頑張りたいところですわね。

ではではー。
スポンサーサイト

第二回えんぴつ杯レポと花雪桜

どもども、ということで、出てきましたー。

結果から言うと2-2のへっぽこマンだったのですが、何とか書きます。






使用デッキ:花雪桜



VA8の玉樹桜を基軸にしたデッキですね。

詳しいレシピと解説は大会レポの後に書きます。

結果振るわなかったのであまり意味無いですが、参考程度に。






1回:花イベ 王者さん ×

先行取られて、マリカスジュリアンこのか神奈シンシアエンド。
おぉぃぃぃ!
無理にきまってんだろ(

2回戦:月日空転平賀 クローシスさん ○

先行取られて永見あやめ。
こちら返しFDからのジュリアン、はイメチェン。
神奈と知由追加まで。
その後3ターンぐらい、空転英雄からのイメチェン系で動けなかったけど、固めて五郎で粘って、ピンポイントで耳年増と平賀除去って勝ち。

3回戦:花イベ ロキさん ○

先行取られるもジュリアンエンド。
返しはこちら順当に展開。
その後も盤面とハンドリード続ける。
最後オーリガ出して詰めようとしたら、不可抗力言われて、だいぶしんどくなったので、澪に筆談してから五郎で引きこもって勝ち。

4回戦:花月雪かぐや姫サクラ貝バーン 513さん ×

かなり早急にかぐや姫耐性揃われた上に、こちら筆談引けない。
疑心暗鬼相手のギミックに全く刺さんね。
無理。



といった感じでした。

うん、まあ負けた試合はどうにもならんかったね。

とはいえ、こちらのデッキのパワー不足は最初から分かっていたので、この程度の成績もやむなしかと。

せめて一回くらいジャンケン勝ちたかったけど。






ではデッキレシピの方を。



雪EX1: 4枚

疑心暗鬼4

雪EX2: 12枚

夏海里伽子(プロトタイプ制服)4
オーリガ4
筆談4

花EX2: 44枚

玉樹桜4
ジュリアン4
神奈4
仲内知由4
来栖野小夏4
マリアカスタード4
王たちの狂宴4
ハーモニカ4
フライングディスク3
劉備2
五郎2
長森瑞佳2
クド(イグニッション)1
クド(ボディソープ)1
不可抗力1



となります。



・全体的な話

全体的なとことして、まず花44枚の濃さとなってますが、これはもちろん、デッキ全体として圧倒的に花コストを要求する作りだからですね。

ドロソは全部花コスト要求ですからね。

花のカードは強い(確信)

玉樹桜を使うにあたって、何故花単ではなく花雪かというと、花単だとローレルぽくなりそうで、ローレルショットだと下手に使うといろいろなショットとかの劣化になりそうとか考えたからです。

ならいっそのことコントロールに寄せてみよう、ということで、この形に。

前日一人回ししてて、最終的にデッキパワーの不足を感じるも、まあせっかくだから、ということで使ってみました。

後は、相手を引きつぶすリセをあえて自重した、というのもあるよ(

みんな先行6体エンド嫌なんでしょ、しくしく(



・玉樹桜
・来栖野小夏
・仲内知由

デッキの主役玉樹桜とその仲間達。
仲内知由は玉樹桜使わずとも強いのでいいとして、今回はパートナーとして来栖野小夏をチョイス。
これにより毎ターン2ドローできる寸法です。
他にもドロー系のカードはありますが、低リスクかつ小型でアタッカーもできるのはこの子だけなので、今回は小夏。
本人単体でもそれなりに機能しますしね。
なお、グラバスは作成当初は採用してましたが、結局全部抜きました。
理由はEX1が弱すぎるのと重すぎるためです。
序盤に展開したい各種ドロソが花EX2を要求するのにEX1とか何考えてるの、って感じ。
つまみ食いや最終進化を採用すれば行けるかもしれないですが、そもそもそんなに除去連打するより、盤面固めてピンポイントで除去打つリセする方が強いと思ったので、その意味でも今回は見送りました。



・ジュリアン
・神奈
・マリカス
・ハーモニカ

説明不要の定番カードですね。
御影このかは、デッキの動き的にジュリアン一本頼みでは無いのと、EX1が案外邪魔なので不採用としました。



・疑心暗鬼
・筆談

花単では無く花雪である事の最大のメリットとして、除去が飛ばせる事、特に初手のお願いあゆにストップをかけれるのがとても大きなメリットなので、しっかり計8枚積みました。
疑心暗鬼でEXが手一杯なので、媚薬は積んでません。



・プロトタイプ制服

花雪大きなメリットでしょう、これが使えるということは。
これとジュリアンで除去のリサイクルを積極的に狙っていきます。
この子で盤面固めて除去でジリジリアドを取るリセが楽しかったです。



・オーリガ

除去兼盤面整理兼パフェメタ。
重くて遅いのがネックだけど、出せればSP3もあって割かし仕事はする。
陸奥と枠迷い所でしたが、パフェ対策が他に無い事と左右DFが埋まりやすい事からこちらに。



・王たちの饗宴
・FD
・クド
・不可抗力

今回の花側のイベントチョイスはこちらで。
饗宴はこのデッキのイベント枠だと一番強い花のイベントだったので当然4。
FDは、こんだけ雪薄くしても、まだ手札に雪のカードが溜まると邪魔なので、雪コスト切って出せる花キャラ枠として、後はワンチャンイグニッションでの除去等もありますしね。
最初はこのFD枠にモデル3とカゲナシ2を入れていて、カゲナシモデルは悪くない動きをしてましたが、雪コスト的要素を極限まで薄くしたかったので、こうなりました。
遭遇EX1辛いので不採用としてます。



・劉備
・五郎

花のDF枠は今回は回復重視の布陣。
回復でゲーム速度延ばせればそれだけ各種ドロソによるアドバンテージを確保しやすいですからね。
各種メタの役回りは除去で代用可能という判断。



・長森瑞佳

えんぴつ杯の前に、ある程度回してみたところ、小夏桜のラインができた後、ブロッカーを置かれてドローを止めざるを得ない場面に割と遭遇したので、香姫でもいいのですが、あえてこちらを採用。
小夏と直接シナジーがありますからね。





といった感じです。

まあ先ほども書きましたが、混色という要素のせいで、安定感を図るためにある程度デッキパワーを落とさざるを得なくなっており、ちょっと一戦級とは言えない感じのデッキになってしまいました。

特に今回、パフェに対するメタ要素がかなり不足しているのに、宙一回も踏まずにこの有様ですからね。

たまにはこういうじっくりなデッキも楽しいとは思いましたが、もうちょい相手をひき潰すような動きをした方が勝てそうなので、今度はまたそういうデッキに戻りそうです。

ではではー。

GPファイナルレポ

ども、ちょっと書くの遅れました。

結果から先に言うと、2勝3敗(しかもうち1勝は不戦勝)のぼろ負けマンでした。

最近ずっと調子良かったけど、今回までは引っ張りきることはできなかったみたいです。



使ったデッキはもちろん花日エポナ。

ここまで快調だったデッキは初めてだったし、このまま最後まで行くのが筋ってもんよ、ということで貫きたかったからね。

まあ他にいいデッキ思いつかなかったとも言うが

レシピの変更点も、前回からミネットを澪に変えたのみ。

菅原入りのコントロールデッキはいるだろう、ということでこれだけは入れておきたかった。






1回戦:雪月花青子エステリートフルハンデス Seyさん 負け

TM4の雪青子とウィルプラスのエステリートを使ってフルハンデスし、前園で相手のドローをロックする感じのデッキ。
エステリートはテキスト最初見てなんかできないかな、と思っていたけどまさかこんな使い方があるとはいやはや。
で、先行取られてコミュ等からぐるぐるされこっちの手札0枚スタート。
一度途中で3体までキャラ並べるも、これまで1枚も見えて無かったゲムセされる。
粘ってみたもののまあ無理ですたー。
ジャンケン勝ちたかったねー。

2回戦:不戦勝

3回戦:日花ネコフープ メイストームさん 負け

先行取られてアグレドロソ展開をきっちりやられる。
ネコフープデッキなのでエポナは返しで出すんだけど、初期盤面でアグレされててエポナに引っかかるようなカードいなくてつらぽよ。
九門ユメドリエポナ知由とかで返したけどちょっと弱くてつらい。
で、固めつつハンドためて何とか最後詰め切ろうと思ったけど、4点足りずに負けました。

4回戦:日花ネコフープ フェリックさん 負け

先行取られて先ほどと似たような展開、いやそれよりももっときつかった。
返しの埋めはさきほどよりマシだったし、中央DFに劉備置いて粘ろうとしたけど、電柱でハーモニカ割られて中央開けられてフルアタ食らったり、三田村中央に合わせられたりしてうまい具合に守れず、そのままズルズル負け。
劉備を中央AFに置けてればもうちょいマシだった可能性はあるけど、その余裕はなかった。

5回戦:日花ネコフープ フレイメルさん 勝ち

ここにきて初めてジャンケン勝つ。
先行取ってリアお風呂はリアに不可抗力。
そのままエンドで弱い。
でも相手の返しも耳年増フープ袁術エンドと弱い。
返しにエポナ置けてそのまま勝った感じ。



といった感じでした。

ワンキルに当たりもしないのにジャンケン負けまくってぼろ負けしてました。

つか、日花今回めちゃくちゃ多かったねー。

ネコフープは相手の展開の仕方次第では後攻からでも勝てるとは思ってましたが、やっぱきつかったか。

ジャンケン負ける+引きで負けるの両方だと駄目かな。

先行袁術に対するエポナによる耐性とかはあるけど、それでも日ミラーの宿命からは逃れられなかったようです。

まあしょうがない。






今回の環境、ワンキルがいるのはまあともかく、日花がここまで多いのはちょっと予想しきれてなくて、もうちょい宙絡みとか多めかとも思ってた。

プレイヤー的に日絡み使いそうなプレイヤーは確かに多めだったかもしれないけど、どちらかというと使用デッキが不確定なプレイヤーのが多かった気はするし。



結果だけ見ると日花系カラーなら、意趣返しと焼却を入れるのが正解な環境だった気はします。

とはいえ、僕の花日エポナはそのどちらも入れるの非常にきついんですよ。

意趣返しはまあエポナだからもちろんの事、焼却も非常に入れにくいデッキです。

というのも、38枚という非常に濃い花の割合がデッキ的に適正な構築をしており、花コストは各種ドロソユメドリモデル等各所で何度も要求されるのに比べ、日コストはアグレ1匹とエポナの着地以外はそんなに高頻度で使わないので、そんなに必要無いんですね。

それに、DFキャラの種類がかなり少ないので、花のキャラを増やしておかないと場が埋まらないケースが増えます。

ということで、デッキパワーの低下を嫌ったので、そのままの形のデッキで行きました。

意趣はともかく焼却はこのデッキの初期型の時は4投してたし、入れられる形も作れたとは思いますが、それはそれ。






ということで、最後は残念な結果になりましたけど、これで今年のリセもだいたい終了といったところでしょうか。

この後もえんぴつ杯や、1月にはまたフェスタがあるみたいですが、まあしばらくはもうちょいのんびりやりたい気分かな。

今年一年の振りかえりとか来年への抱負的な記事はまた今度やろう。

ではではー。

第2回えんぴつ動画杯の宣伝

ということで一応宣伝するお。

詳しくはここを見てね。

僕もたぶん予定合うから参加するはずです。

のぞむんファンデッキか何使うかまだ分からないけど、マイルドな新弾使ったデッキで遊びたいですねー。

のぞむんファンデッキ

どうも。

今回はVA8で新たに出た東雲希ことのぞむんを使ったデッキを紹介してみようと思います。






その前に、まずのぞむんの性能に関して軽く考察を。



花2コスト2/1/3で、アグレッシブとサポーターを持っており、能力は自身のオーダー一つを寝かして一体をパンプするというもの。

この能力に関しては、コストを払う割に条件がきつく、残念ながら良い能力とはいえないので、スペック面を見る事になります。

スペックは決して高いとは言えないですが、アグレッシブという花では貴重な能力を持っており、またDPが1なためお風呂との相性がいいです。

そこで比較対象となってくるのが、まきなです。

まきなは場を離れた時に墓地回収できるという強力な能力を持っています。

このスペックのキャラがずっと場に残っている状態がいい場面は少なく、ほいほい消えられるまきなは優秀で、単にアグレッシブとして使うと劣化になりがちです。



ではまきなにできなくて、のぞむんにできることはなんでしょう・・・

ということで僕が考えてみたのが今回のデッキです。

で、僕が思いついたのは・・・







そう、クルルの採用です!







つまるところ下の組み合わせですね。



のぞむんお風呂クルル



僕が思いついたのぞむん最大のメリットはSP3でした。

これにより、のぞむんお風呂の初手起動をすれば、いきなりSP3が2体盤面に出る事になります。

今の花単、組んで回してみれば分かりますが、主要カードのSPは2が非常に多く、SP3のキャラが盤面に1体しかいないなんて事はざらです。

SP3のカード種類はたくさんありますが、ジュリアンと羽山海巳と山辺燈辺り以外はだいたいメタカードなので、序盤から積極的に置いていくケースは少ないはずです。

それによりクルルのブーストを発動させるのが案外難しく、また、せっかくの重量パンチャーなのに中盤以降に置かないとブースト発動できないという微妙感でした。

しかしこの、のぞむんお風呂なら、いきなり初手からブースト起動しつつクルルのアタッカーとしてのプレッシャーを相手に与える事ができるというわけです。

これならまきなとの差別化もできてるし、のぞむんならではの動きができてるんではと思います!



・・・え、それだけかよって・・・?

それだけだよ(´・ω・`)

そんなゲーム作れるほどの性能ある訳無いでしょ、このテキストで(






ということで以下レシピ。



EX1:

遭遇4
真壁1

EX2:

のぞむん4
クルル4
シンシア4
神奈4
知由4
マリカス4
お風呂4
袁術4
脱走4
ロロット3
上月澪2
ななこ2
九門1
まきな1
倉田さゆり(VA8)1
なつき1
劉備1
小林1
五郎1
神北こまり(VA8)1
翡翠1
健忘1
片瀬1
不可抗力1



とりあえずこんな感じにしてみました。

のぞむんの使いまわしやクルルのブースト使いまわし意識で脱走を4積んでみました。

後はマリカスでのぞむん持ってきたり、マリカス袁術でお風呂持ってきたりして、のぞむんお風呂をできるだけ揃えていきたい感じです。



実際回してみた感触としては、クルルが非常に重たく、ちょっとドロソ不足を感じたので、ハーモニカは入れた方がいい気はしました。

細かいメタ群は、VA8お試しで新こまりちゃんとか入れてみたけど、可愛いだけかな(

さゆりんは実際仕事する場面にはならなかったからちょっち分かりませぬ。

新姉御意識でアイギスを片瀬にしてみたけど、ハーモニカ入って無いのもあって、ちょっと宙重かったですね。

まあそこら辺は適当に調整といったとこで。






ではまあ今回はこんなとこで。
プロフィール

tomato

Author:tomato
一応VA4.0出た後ぐらいからLyceeやってます。
最近それなりには勝てるようになったかもしれないけど、まだまだです。
基本的に花単や花絡みのゆるーいビートばっか使ってます。
ショットとかは苦手なのよ。
後、キャラたくさんデッキに入れるの大好きで、イベントにはあんま頼りたくない感じ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。