スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回えんぴつ杯レポと花雪桜

どもども、ということで、出てきましたー。

結果から言うと2-2のへっぽこマンだったのですが、何とか書きます。






使用デッキ:花雪桜



VA8の玉樹桜を基軸にしたデッキですね。

詳しいレシピと解説は大会レポの後に書きます。

結果振るわなかったのであまり意味無いですが、参考程度に。






1回:花イベ 王者さん ×

先行取られて、マリカスジュリアンこのか神奈シンシアエンド。
おぉぃぃぃ!
無理にきまってんだろ(

2回戦:月日空転平賀 クローシスさん ○

先行取られて永見あやめ。
こちら返しFDからのジュリアン、はイメチェン。
神奈と知由追加まで。
その後3ターンぐらい、空転英雄からのイメチェン系で動けなかったけど、固めて五郎で粘って、ピンポイントで耳年増と平賀除去って勝ち。

3回戦:花イベ ロキさん ○

先行取られるもジュリアンエンド。
返しはこちら順当に展開。
その後も盤面とハンドリード続ける。
最後オーリガ出して詰めようとしたら、不可抗力言われて、だいぶしんどくなったので、澪に筆談してから五郎で引きこもって勝ち。

4回戦:花月雪かぐや姫サクラ貝バーン 513さん ×

かなり早急にかぐや姫耐性揃われた上に、こちら筆談引けない。
疑心暗鬼相手のギミックに全く刺さんね。
無理。



といった感じでした。

うん、まあ負けた試合はどうにもならんかったね。

とはいえ、こちらのデッキのパワー不足は最初から分かっていたので、この程度の成績もやむなしかと。

せめて一回くらいジャンケン勝ちたかったけど。






ではデッキレシピの方を。



雪EX1: 4枚

疑心暗鬼4

雪EX2: 12枚

夏海里伽子(プロトタイプ制服)4
オーリガ4
筆談4

花EX2: 44枚

玉樹桜4
ジュリアン4
神奈4
仲内知由4
来栖野小夏4
マリアカスタード4
王たちの狂宴4
ハーモニカ4
フライングディスク3
劉備2
五郎2
長森瑞佳2
クド(イグニッション)1
クド(ボディソープ)1
不可抗力1



となります。



・全体的な話

全体的なとことして、まず花44枚の濃さとなってますが、これはもちろん、デッキ全体として圧倒的に花コストを要求する作りだからですね。

ドロソは全部花コスト要求ですからね。

花のカードは強い(確信)

玉樹桜を使うにあたって、何故花単ではなく花雪かというと、花単だとローレルぽくなりそうで、ローレルショットだと下手に使うといろいろなショットとかの劣化になりそうとか考えたからです。

ならいっそのことコントロールに寄せてみよう、ということで、この形に。

前日一人回ししてて、最終的にデッキパワーの不足を感じるも、まあせっかくだから、ということで使ってみました。

後は、相手を引きつぶすリセをあえて自重した、というのもあるよ(

みんな先行6体エンド嫌なんでしょ、しくしく(



・玉樹桜
・来栖野小夏
・仲内知由

デッキの主役玉樹桜とその仲間達。
仲内知由は玉樹桜使わずとも強いのでいいとして、今回はパートナーとして来栖野小夏をチョイス。
これにより毎ターン2ドローできる寸法です。
他にもドロー系のカードはありますが、低リスクかつ小型でアタッカーもできるのはこの子だけなので、今回は小夏。
本人単体でもそれなりに機能しますしね。
なお、グラバスは作成当初は採用してましたが、結局全部抜きました。
理由はEX1が弱すぎるのと重すぎるためです。
序盤に展開したい各種ドロソが花EX2を要求するのにEX1とか何考えてるの、って感じ。
つまみ食いや最終進化を採用すれば行けるかもしれないですが、そもそもそんなに除去連打するより、盤面固めてピンポイントで除去打つリセする方が強いと思ったので、その意味でも今回は見送りました。



・ジュリアン
・神奈
・マリカス
・ハーモニカ

説明不要の定番カードですね。
御影このかは、デッキの動き的にジュリアン一本頼みでは無いのと、EX1が案外邪魔なので不採用としました。



・疑心暗鬼
・筆談

花単では無く花雪である事の最大のメリットとして、除去が飛ばせる事、特に初手のお願いあゆにストップをかけれるのがとても大きなメリットなので、しっかり計8枚積みました。
疑心暗鬼でEXが手一杯なので、媚薬は積んでません。



・プロトタイプ制服

花雪大きなメリットでしょう、これが使えるということは。
これとジュリアンで除去のリサイクルを積極的に狙っていきます。
この子で盤面固めて除去でジリジリアドを取るリセが楽しかったです。



・オーリガ

除去兼盤面整理兼パフェメタ。
重くて遅いのがネックだけど、出せればSP3もあって割かし仕事はする。
陸奥と枠迷い所でしたが、パフェ対策が他に無い事と左右DFが埋まりやすい事からこちらに。



・王たちの饗宴
・FD
・クド
・不可抗力

今回の花側のイベントチョイスはこちらで。
饗宴はこのデッキのイベント枠だと一番強い花のイベントだったので当然4。
FDは、こんだけ雪薄くしても、まだ手札に雪のカードが溜まると邪魔なので、雪コスト切って出せる花キャラ枠として、後はワンチャンイグニッションでの除去等もありますしね。
最初はこのFD枠にモデル3とカゲナシ2を入れていて、カゲナシモデルは悪くない動きをしてましたが、雪コスト的要素を極限まで薄くしたかったので、こうなりました。
遭遇EX1辛いので不採用としてます。



・劉備
・五郎

花のDF枠は今回は回復重視の布陣。
回復でゲーム速度延ばせればそれだけ各種ドロソによるアドバンテージを確保しやすいですからね。
各種メタの役回りは除去で代用可能という判断。



・長森瑞佳

えんぴつ杯の前に、ある程度回してみたところ、小夏桜のラインができた後、ブロッカーを置かれてドローを止めざるを得ない場面に割と遭遇したので、香姫でもいいのですが、あえてこちらを採用。
小夏と直接シナジーがありますからね。





といった感じです。

まあ先ほども書きましたが、混色という要素のせいで、安定感を図るためにある程度デッキパワーを落とさざるを得なくなっており、ちょっと一戦級とは言えない感じのデッキになってしまいました。

特に今回、パフェに対するメタ要素がかなり不足しているのに、宙一回も踏まずにこの有様ですからね。

たまにはこういうじっくりなデッキも楽しいとは思いましたが、もうちょい相手をひき潰すような動きをした方が勝てそうなので、今度はまたそういうデッキに戻りそうです。

ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomato

Author:tomato
一応VA4.0出た後ぐらいからLyceeやってます。
最近それなりには勝てるようになったかもしれないけど、まだまだです。
基本的に花単や花絡みのゆるーいビートばっか使ってます。
ショットとかは苦手なのよ。
後、キャラたくさんデッキに入れるの大好きで、イベントにはあんま頼りたくない感じ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。