スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPファイナルレポ!

ども、とまとです。

えー・・・、GPファイナル優勝しちゃいました!!!

いやー、やりました、やってしまいました。



今回でファイナル自体は4回目なんですが、今まであまりファイナルの成績はぱっとしなかったんすよね。

なんで最後の最後にファイナル優勝できたのはめっちゃ嬉しいです、ほんと。

ということで、とりあえずレポへ。






・使用デッキ:花単



花単です。

基本的にはこれまで東京フェスタや大阪フェスタで使ってきた、マルタ軸の花単です。

ですが、ある程度今回のファイナルに向けてチューニングをしました。

詳しい事は次の記事で書きます。



で、デッキ選択の経緯ですが、これはもうかなり前からファイナルは花単を第一候補に決めてました。

一つはやっぱ一度フェスタ優勝していて実績的にも練度的にも自信がある事、もう一つはガストさえ克服すれば対ファイナルのメタ周り的にいけそうかな、って事でした。

後者に関しては、東京、大阪フェスタで実はガストに4回も当たって一回も負けて無い事から精神的にはかなり苦手意識もう薄くて、後は何回もガストとフリーしてかなり勝てるようになっていたので、実践的にも問題無いラインになりました。

ファイナルのもう一つのデッキの候補は3rdで使った神速花日だったんですが、やっぱ2トスとはいえ2-4()のデッキだからね、ちょっと選択できんかった(

ファイナルで結構いそうなコントロール相手に混色がちょっと辛い、というのもありますしね。






・環境予測の話

で、そのファイナルのメタ読みですが、参加者26人しかいないので、ほぼ個人単位でデッキ読みして環境予測してました。

で、いそうなデッキが多い順に、

オーガスト
花単
ころげて
月単系(月雪含む)
戯画
アルコット
みなと

みたいな読みで、もしかしたら、パワーの高さからクロシェットやワルプやリコッタはいてもおかしくはないかなー、って読みでした。

この読みはだいたい当たっていて、実際には戯画がほんとにフミノリしかいなくて、後はキューブやリフゲムや通常エポナがいた、といった感じでした。



で、環境が予想通りだったのは良かったんですが、僕、この環境で一番強いデッキ選択は正直クロシェットだったと思います(

なんでかって、クロシェットはガストと花単にめちゃくちゃ有利だから。

それにコントロールを含め戯画以外に致命的に苦手なデッキが無いので、この環境ならほんとに強かったと思います。
(リーフはやや辛いけど)

僕が”とまと”というプレイヤーで無ければクロシェットを選択してた、って言ってもいいぐらい。

通常構築への強いこだわりがあるからね僕は。

実際にはファイナルにはクロシェットいなくて、花単的にはある意味楽だったね(






・大会レポ

前置き長くなりましたが、ようやく(



1回戦:花単 フレイメルさん ○

こちら先行で、成川ハーモニカサーチからスタート、ハーモニカ指定夕音から夕音出したところで、鈴木がマルタが来たので、マリカスから鈴木持ってきてお風呂。
ここでドロー2枚で止めるか考えるつもりが、間違って3枚取ってしまう(
まあそれはたいした問題じゃないんだが、なんとその3ドロー中にマルタがいたのにもかかわらず、勢いで3枚ドローしてしまった勢いでターンエンドしてしまう糞プレミをする(((
て、手が寒くてついな・・・(
とはいえ、返しに相手も手札あんまあまり強く無くて、ハーモニカ指定夕音から成川対面に夕音出してくれたので、相手の夕音にプレッシャーを与えていくような攻め方をして夕音バーンでアドを取っていき、そのまま押し勝ち。

2回戦:アルコット いえもんさん ○

こちら先行鈴木お風呂マルタ袁術藤林スタートできる非常に順調な出だし、夢子も追加できたが、残りハンド1枚になってしまうのはさすがにアルコ相手には不安だったのでひよってエンド(
返し流されず。
その後は適当にビートダウンして、途中で流されたけど、流しの後の相手がクオンエンドだったので、返しにキャラ並べてそのまま勝ち。

3回戦:オーガスト ちゃちゃさん ○

相手先行フィーナエステルエンド。
こちら返し夕音袁術マルタ藤林シンシアエンドかな。
返し相手翠出して能力マルタへ、及びカレン追加。
ここで相手がフィーナとカレンを同列にしていたのだが、なんとその返しトップドローで健忘症を引いてくる(((
さすがにこれは出さざるを得ないw
おかげでその後のゲームの打点運びがかなり楽に。
その後相手にムーンライト引かれず、こちら嬉野着地したんで、何かと安全なゲーム。
一回トラットリア打たれたけど、嬉野からしっかり詰めて勝ち。

4回戦:月雪 513さん ○

こちら最初手札微妙だったので先行ハーモニカ3枚貼りからのマリカス鈴木お風呂スタート。
鈴木アタック対応サンタされる。
かなか警戒するんだったら中央殴りよくなかったかねー、とはいえ癖でな。
実際に出てきたのはユルシュール。
その後相手にりそなやたまひよ、ひらぐもでしっかり盤面等のアド取られるも、こちらもハーモニカ3枚によるハンド増加のゴリ押しをする。
相手の場にユルシュやリリアーヌが出てきて強い打点盤面ができた返しに、ハーモニカドローの力で嬉野含む5体盤面作成。
相手の生命力もハンドも薄かったんで、押し勝ち。

5回戦:戯画 フミノリ ○

優勝決定戦。
そして相手はまさかのフミノリ。
こちら先行カハモニカ2枚からマリカス鈴木お風呂夕音藤林の非常に強いスタート。
お風呂ドローで嬉野引いてきたので勢いで嬉野も中央DFに出してしまったが、これは必要無かった。
嬉野は戯画相手は前安定なので。
とはいえ、返しの相手の動きも全体的にあまり強くは無く、嬉野を攻め潰されるリセがちょっとめんどかったので、嬉野は脱走で回収(
後は健忘でリーナとエリの基本能力消したのがかなり聞いた。
後々鈴木を相討ちさせて改めて嬉野AF着地。
後は紋白からマリアロコ呼んで、夢子出してバーンで引きこもって、最後嬉野から詰めて勝ち。



といった感じで優勝しました。

いやー、プレイヤー相性的に苦手意識あるかばぷさんとかを結果的に踏まなかったのは良かったかもしれない。

当てってもいいような意識ではいたんだけどね。

特に想定外のデッキやカードを踏まなかったのは良かったと言えるかも。






これで、リセの公式は終わってしまいました。

ちょっと改めて悲しみかもしれません。

でも、僕自身はまだリセやり続けたいと思います。

また、皆さんともリセできたらいいですね。

ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomato

Author:tomato
一応VA4.0出た後ぐらいからLyceeやってます。
最近それなりには勝てるようになったかもしれないけど、まだまだです。
基本的に花単や花絡みのゆるーいビートばっか使ってます。
ショットとかは苦手なのよ。
後、キャラたくさんデッキに入れるの大好きで、イベントにはあんま頼りたくない感じ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。